2014年09月18日

10月27日内海聡先生・市川加代子先生講演会 in 東京

いつもお世話になり感謝しております。新日本文芸協会の橋本です。
この度、内海聡先生と市川加代子先生のダブル講演会を開催することになりました。

内海先生の講演会は10月上旬までほぼ満席だそうです。
さらに市川先生は、京都で難病や末期がんの患者さんなどの健康指導に忙しく、
今東京での一般向けの講演会はほとんどされていません。
今回はそのお二人が、東京で一緒にお話しされる貴重な機会となります!

内海先生は、現代医療の問題を提起する活動は一通り終わったので、
これからは病気にどう対処していくか? どう予防するか? というお話を中心にされるそうです。

自分や家族、大切な人たちを守るために、ぜひお二人のお話を知っていただければと思います。

開催ボランティアスタッフも募集しておりますので、ぜひご協力をお願いいたします。


◆◆ついに東京で初開催! 内海聡先生(Tokyo DD Clinic 院長)&市川加代子先生(心と身体の科学研究所代表)ダブル講演会◆◆

●テーマ: 心と体の健康のために したいこと/してはいけないこと
●日時:10月27日(月)13:20〜17:00
●会場:新橋ABC会議室
http://abc-shimbashi.com/
東京都港区新橋6-20-1 ル・グラシエルビルディングBLDG.1 7F
(新橋駅・汐留駅から徒歩10分)
●料金:
<一般参加> ・事前申し込み:3500円 ・当日参加:4500円
<開催サポーター>
※上記の金額から各1000円引き。友人への紹介、メール案内、チラシ配布、facebook・twitter等での紹介など、
事前の告知にご協力いただくことで、参加費がお得になるシステムです。募集は9月末まで。
●定員:150名 (定員になり次第締め切らせていただきます) ※お子様連れ歓迎です。ただし申し訳ありませんが講演の妨げになる場合には一時退出をお
願いいたします。

●プログラム:
13:00〜 受付
13:20〜14:40 内海先生の講演…医療や社会毒の問題、病気を防ぐにはどうすればいいか、クリニックでの治療の取り組みや実例など
14:40〜14:50 休憩
14:50〜16:10 市川先生の講演…ガンや難病の方を救った市川式お手当法の実例、病気の原因とは、治る人と治らない人の違いなど
16:10〜16:20 休憩
16:20〜17:00 ゲストを交えたパネルディスカッション…医療や食の問題に詳しい方や代替療法の関係者などをゲストにお呼びする予定です。
17:00〜17:30 書籍販売・退出
※プログラムが変更する可能性もあります。何卒ご了承ください。

●懇親会会場:食通工房 然-ZEN- 汐留店 (30名まで) 予算3000円程度
http://r.gnavi.co.jp/a337201/ 〒105-7290 東京都港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワーB2
※懇親会のみの参加も可能です(お子様連れOK)。 講師の先生方も出席される予定です。

●お申し込み:
こくちーずのフォーム(一般参加の方)をご利用いただくか、下記の情報を明記の上、メールかファックスでお申し込みください。
◎こくちーず…http://kokucheese.com/event/index/215652/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<お申込み情報> *は必須です。
1. 一般参加かサポーター参加か*
2. お申込みの方のお名前*(ふりがなも)
3. 参加人数*(大人)
4. お電話番号*(携帯可。緊急時などにご連絡させていただくことがございます)

5. その他のご連絡先(ファックス番号、お申込み時とは別に連絡を希望するメールアドレスなどがあればご記入ください)
6. ご住所 ※サポーター希望の方は必ず明記してください。
7. 懇親会参加の有無
8. その他
※複数人数のお申込みの場合、受付時に必要となりますので、参加者のお名前(ふりがな)をご連絡ください。
※お子様連れの方は人数と年齢をお知らせください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<お申し込み先>
新日本文芸協会 担当:橋本(ハシモト)
FAX : 050−3645−5338
メール:daihyo@liumeis.com
※携帯の方は受信設定にご注意ください。3営業日を過ぎても返信がない時はお問い合わせください。
※申込み後、指定する口座にお振込みください。ご入金をもって正式な受付となりますのでご了承ください。

●主催・お問合わせ先:新日本文芸協会 内海先生・市川先生講演会実行委員会
TEL : 050−3735−9135(新日本文芸協会内 平10:00-17:00)
※オペレーターに伝言をお残しください。後ほど折り返しいたします。

●開催にあたって:
近年はこれまで知られていなかった現代医学の様々な問題が、急速に明らかになりつつあります。
それに大きく貢献しているのが医療関係者など様々な勇気ある方々の告白です。
とくに内科医でTOKYO DD CLINIC院長の内海聡先生は『精神科は今日もやりたい放題』(三五館)のベストセラーで精神医療の問題を初めて一般に明らか
にし、現在ではfacebookのフォロアー数で全国11位を獲得。多くの人に医療現場の様々な問題を提起してくださっています。
医療現場の実情を知れば知るほど、安易に病院や薬に頼ることには危険性があり、なるべく自分や家族の健康は自分で守ろうとする意識が大切だとわかります。

では実際に病気や体の不調を自分で治したいと思うとき、私たちはどうすればいいのでしょう?
今回は内海聡先生と市川加代子先生という、病気の成り立ちや体の治癒の仕組みについて大変詳しいお二人をゲストにお呼びし、そのことを考えていきたいと思います。
「心と身体の科学研究所」代表の市川先生は、「ガンの患者学研究所」等で長年自然療法の指導をされ、末期がんや医者も見放した難病、
アトピーの患者さんなどたくさんの方を救ってこられた方です。
普段は京都の現場での指導に非常に忙しく、内海先生とのコラボは、東京では今回が初めての、たいへん貴重な機会となります。
ぜひ常日頃から深刻な病の人たちと向き合っている先生方の、気迫のこもった生の声を、直接会場で聞いていただき、自分や家族の命・
健康を守るために役に立てていただければ幸いです!

●講師プロフィール
・内海 聡(うつみ さとる)
1974年兵庫県生まれ。筑波大学医学専門学群卒業後、東京女子医科大附属東洋医学研究所研究員、東京警察病院消化器内科、牛久愛和総合病院内科・
漢方科勤務を経て、牛久東洋医学クリニックを開業。
2014年現在、断薬を主軸としたTokyo DD Clinic院長、NPO法人薬害研究センター理事長をつとめる。
Facebook人気ユーザーランキングで11位(2014年9月時点)の、今もっとも注目されている医師である。
『精神科は今日もやりたい放題』(三五館)、『一日三食をやめなさい!』(あさ出版)ほか、ベストセラー多数。

・市川 加代子(いちかわ かよこ)
自然療法研究家、食養料理研究家、乳幼児教育研究家。1949年生まれ。京都在住。
有限会社ひまわり・心と身体の科学研究所代表。
家族のガン、自らの病気、子供の死をきっかけに中国伝統医学、米国分子矯正栄養学、各種療術法(ヨガ、気功、森手技など)、心理
学等を学び、ビワの葉やこんにゃく、生姜などを使った民間療法を始める。
以来、多くのガン患者を助け、生きる勇気と力を引き出してきた。
人間を深く愛する心と、あくなき研究心を持ち続けて「治る力手当て」を確立。
京都を中心に手当てを指導するほか、全国で実習会を行っている。
著書に『あなたの体の設計に、ミスはない』(新日本文芸協会)、『治る力』(共著・人間出版)、『台所はくすり箱』(銀河出版社)。



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
新日本文芸協会(SNB)所属団体 リュウメイズ企画
http://www.sn-bungei-kyoukai.com/(SNB)
http://www.liumeis.com/(リュウメイズ企画)
ブログ http://liumeisblog.sblo.jp/
二孝女物語プロジェクト http://ameblo.jp/liumeis/
E-mail: daihyo@liumeis.com
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
posted by 新日本文芸協会 広報部 at 12:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

本質をみようとしなければ、何も変わらない。

こんにちは、菅原です。

内海聡先生の最新刊、読みました。

熱く、ときに厳しく、そして深いメッセージの込められている一冊です。

事実を重ね、真実を観ていく。

本質をみようとしなければ、何も変わらない。

昨年スプリングフェスタに登壇いただき、その後各地で学びを深めてきました。

2014新春の集いでは、食を切り口に、ご講演いただきます。



最新刊『 医者いらずの食 』キラジェンヌ社刊行(2013/12/13)

より、抜粋ご紹介です。

●表紙帯より
---------------------------------------------

内科医が薬害ならぬ、あらゆる食害を斬る!!

とっても危険な
人工甘味料、農薬、添加物

合成油、遺伝子組み換え、化学調味料、etc・・・

一生 病気と無縁でいられるヒントがここにあります。



日本人の母乳中ダイオキシン濃度は世界一!?

西洋医学は対処療法であり病気を治せない!?

一日三食を食べると不健康になる!?

肉食と菜食主義はどちらも間違いだらけ!?

日本人にもっとも必要のない牛乳!?



医者いらずの食、目的別メニュー

・放射能防御のための食

・精神安定のための食

・ガン対策のための食

・アレルギー対策のための食

・老化を防ぐための食

-------------------------------------------------

●本質への道しるべ
考え方やものごとの観方を投げかけてくださっています。

================
part2 どのような食事法を意識すべきか
p116より

前略)・・・これはビタミンやミネラルやアミノ酸ごとき存在、
つまり栄養だけで説明できるものではない。

ただし、これは草食であっても肉食であっても当てはまる。
なぜかというと、仮にどこかに健康な食事法があるとしても、
それと相反するような食事の仕方でも健康であることを説明できないからだ。

これを説明しようとすると、どうしても栄養学や食養以外の分野にも話が及ぶ。

(中略)

「我々は食べたもので作られる」ことさえも真実ではないのではないか。

そう考えられることが重要なのである。

=================


=================
part4 医者いらずの食、目的別メニュー
p236より

前略)・・・私の中で立てられている仮説は以下である。

免疫はまったく狂っておらず、常にロボット的に同じ免疫行動をしている。

なのに昔と今で反応が違う真の理由は、入ってくる物質、

つまり毒の内容が一番の要因であるということだ。

(中略)

そんな毒付花粉が飛んでくると、人間の免疫はどのように反応するであろうか?

当然、「そんな花粉いやだ、あっち行って!」と反応するであろう。

すると、体内は当初、体液によってそのような毒物を外に押し流そうとする。

それが鼻水であり、涙であるということを

あなたは想像することができるだろうか。

=====================


●おわりに より

前略)・・・もはや我々は、自分が生き延びることも、
自分が栄えることも考えられるような状況ではなくなっているのだと。

(中略)

この状況に奇跡が起こる可能性があるとすれば、

すべての人が現状を知り、やるべきことをなすよりほかにない。

自然農法や食を根本から見直そうとする人々には、その可能性を感じる。

だからこそ、私は医者などどんな人間であれ応援しないが、

そのような人々であれば応援したいとと思うのである。


食することは生きることであり、生きることは闘うことである。

願わくば、読者たちが真に闘うべき者たちと闘うことを願って、

この本の結語とさせていただきたい。




書籍で、そして各会場のライブで、

内海聡先生と

いまこそ、出会っていただきたい。

菅原克行
-----------------------------------------------------

新春の集い2014

東京 1/11 http://www.saiwaijyuku.gr.jp/index.php?20140111_13
神戸 1/12(大下伸悦の世界 メインゲスト)
http://www.npo.co.jp/santi/events/event_index.html#20140112
大阪 1/13 http://www.saiwaijyuku.gr.jp/index.php?20140111_13
愛知 2/23 http://www.gop55.com/index.php?20140223

--






--------------------------------------------------
自然芸術建築研究所/えばぁプロデュース http://ai-yuuki-kansha.com/
〒303-0046 茨城県常総市内守谷町きぬの里2-18-1
TEL:050-3735-9135
FAX:020-4623-7128 or 029-721-4155
携帯:090-1104-0673

テネモス環境事業部 http://ai-yuuki-kansha.com/tenemos/
放送事業部・ENN http://www.evahtv.com/
文化事業部・新日本文芸協会 http://www.sn-bungei-kyoukai.com/
建築計画事業部:自然芸術建築研究所 一級建築士事務所

参加活動
食・農・社会活動・グリーンオーナープロジェクト http://www.gop55.com/
伊勢神宮奉納文・神代文字保存委員会 http://hounoubun-hozonkai.com/
楽しく生きる会・21世紀幸塾 http://www.saiwaijyuku.gr.jp/
posted by 新日本文芸協会 広報部 at 11:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

☆新日本文芸協会きれい・ねっと通信 vol.7☆(2013.11.25)

ご縁をいただいている皆さまへ

こんばんは。新日本文芸協会きれい・ねっとの山内尚子です。
前回お知らせした私と息子の「ちっちゃな奇跡」には
思いがけずたくさんのご感想や応援をいただき、
ほんとうにありがとうございました。

息子に話したら、本日は期末テストの前日なものですから(懐かしい響き)
目を吊り上げつつ、ありがとうございますっ!とのことでした(笑)

さて、今回はそんな息子もお手伝いで参加してくれます
間近に迫ったにんげんクラブ関西大会にまつわる物語を、
お伝えしてみたいなあと思います。

*********************************

☆舞台用横断幕が届きました☆

今朝、にんげんクラブ関西大会の舞台用横断幕を
奈良支部の小山さんが作成、届けてくださいました。
今週末11月30日(土)に兵庫県明石市の子午線ホールにて
開催されるにんげんクラブ関西大会は
株式会社にんげんクラブが主催なのですが
これまで行われてきたオープンワールドや全国大会などとは異なり
にんげんクラブが大好きで
愛あふれるミロクの世を一緒に歩いていこうよと
手を挙げてくださったスタッフの仲間たち、
つまり会員有志が中心となって
ボランティア、手弁当で準備、運営されています。
(そのチビッコ隊長が私、なおちゃんというわけです)

スタッフの中では最年長、68歳の男性、小山さん。
(ちなみに講師の最年長は83歳、川田薫さん)
今の世を憂えて本気でミロクの世をつくろうと
さまざまなご活動をされてきて、今は奈良で農業をされています。

打合せの後、ちょっと飲みすぎた小山さんから
ほんとうに様々なドラマを伺いました。
瀬戸大橋をつくられるときの労働者さんたちと一緒に過ごしたこと
そのとき、ほとんどの方が東北から来られていたこと
その過酷な労働環境、そこから見えた今の社会構造のいびつさ
どうすればミロクの世ができるのかと
さまざまな門を叩き続けたこと…。

昭和の時代を、親父世代を
私たちはとかく魂のレベルが低いとか
その世代のせいで今が苦しいとか平気で断じてしまうけれど
そんなに簡単に言い切れないのではないかと
涙を拭いながら話してくださった小山さんのお話に
自分の浅はかさを感じた
その小山さんがミロクの世の兆しを
こんな若輩の私が言いだしっぺの今回の大会に見出してくださり
世代としては恥ずかしくて難しい「愛」を率先して語ろうとし
そして、スタッフを買って出てくださったのです。

☆このドラマの主人公はあなた☆

夏に関西大会をやろうと船井勝仁さんから提案していただき
会員の皆さんにスタッフ募集のお声がけをして
もちろん小山さんはじめ、もともと関西にいる皆さんも
たくさん手を挙げてくださったんだけれど
不思議なことに、ほんとうに不思議なことに
仙台から大阪へ、関東からそれぞれ大阪、京都、奈良へと
支部活動を活発にされてきた仲間たちが
まさに引き寄せられるように引越してきてくださり
スタッフするよと手を挙げてくださいました。

9月に一堂に会してから
地域性の違いや考え方の違いに戸惑いつつも
ほんとうにさまざまなコミュニケーションを取り合いながら
準備を進めてここまできて
誰一人欠けることなく、心一つに信頼しあえる、
今、私たちはほんとうにすばらしい仲間となりました。

小山さんだけじゃなく
ちょっと紹介しきれるレベルじゃないくらい
ほんとうにスタッフお一人ずつにドラマがあります。

そんなドラマを共有し尊重しあいながら
上下も男女も年齢も所属も区別なく
できることを無理なく楽しく
でもしっかりと自己責任の気持ちをもって
まさに、船井勝仁さんが提案されている包み込み型世話人として
みんなが自分の人生を心から謳歌していることを感じます。

当日はこの大会を開催するきっかけとなった
愛知ミロクフェスティバルの仲間たちが袖を通していた
幸せの黄色いTシャツを着て
総勢22名のスタッフがお客さまを愛ある会場へとお迎えします。

もちろん講師の先生方のお話がメインではありますが
やっぱりこの大会はご参加の全員が主人公だと思います。

こうしてお声がけするのは
このすばらしいドラマに、必要なキャストすべてにそろってほしいから。
残りわずかなお席は、あなたのためのものかもしれません。
あなたと愛でつながること、
講師、スタッフ一同、心から楽しみにお待ちしています♪

☆にんげんクラブ関西大会
11月30日(土)10:00〜18:00(9:30開場)
兵庫県明石市子午線ホール
詳細・お申込みはこちら ↓
http://www.ningenclub.jp/blog01/archives/nct_kansai/

☆でも遠いよ、参加できないよ☆

……という方も多いですよね?
来られない人はミロクの世をともに歩く仲間じゃないの?

そんなわけないじゃないですかっ!
だから、みんなで愛を感じ、ともに歩いていけるように
ちゃんとつくってますよ〜!!

なにを?

そりゃあ本ですよ!
というわけで(どういうわけだ!)
この大会のテーマ「愛でつながる新しい時代」をしっかりと感じられる
にんげんクラブ主宰の船井勝仁氏の新著と
講師の川田薫・はせくらみゆきとチビッコ隊長山内尚子の共著
以下のとおり、30日同時発刊させていただきます。

この2冊、書店での発売は来年になるのですが
すでにたくさんのお問合せをいただいていることもあり
急きょネットショップでもご予約いただけるように準備しました。
12月2日より順次お届けさせていただく予定で
もちろん「メルマガでみた」と備考欄にてお知らせいただければ
送料弊社負担とさせていただきます。

もしピンとこられたら
きっとそれは、宇宙の中心からのメッセージ
ぜひ、お読みいただけましたら幸いです。

☆にんげんクラブからのメッセージ
舩井幸雄が一番伝えたかった事(船井勝仁)
http://kilei.ocnk.net/product/159

全国を駆けまわり、無料の寄合に気さくに参加し、
誰の話にもニコニコと耳を傾けるその姿は、決して派手なものではありません。
けれど、これこそがカリスマである父、舩井幸雄から誰よりも近くで多くを学び、
それでいてカリスマではないまったく新しいかたちのリーダーを目指す
船井勝仁の、まさに命がけの姿なのです。
今ここから「にんげんクラブ」がミロク社会へのうずを巻き起こします!

☆愛の星へのパスポート 新生地球の歩き方
(川田薫・はせくらみゆき・山内尚子)
http://kilei.ocnk.net/product/158

時代は今、大きな変化のときに差しかかっています。
地球は一足先にまったく新しい星へと生まれ変わり、
そこに生きる私たちに「どんな生き方を選択しますか?」と問いかけているのです。
この本は、新生地球を歩いていくためのパスポート。
皆さん、ご準備はよろしいですか?
さあ、愛の星、新生地球への旅がはじまりますよ!

それでは、皆さまどうぞご自愛くださいまして、
過ぎゆく秋、きたる冬の足音に耳澄まし、
感性豊かにお過ごしくださいますように。

最後までお読みくださって、ありがとうございました。

感謝をこめて。

山内 尚子 拝

**こころと紙をきれいにつなぐ**********************************
新日本文芸協会 株式会社きれい・ねっと
〒670-0904 兵庫県姫路市塩町91
TEL:079-285-2215 FAX:079-222-3866
代表 山内 尚子
HP : http://kilei.net Mail : kileinet@gmail.com
FBでも、ぜひお友達になってくださいね。
*****************************************************************
posted by 新日本文芸協会 広報部 at 09:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。